Google Apps Scriptを利用してLINEで定期配信をやってみた

その他

Google Apps Scriptとは

Google Apps Script(GAS)とは簡単に素早くビジネスアプリケーションを作成することのできるサービスです。GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどのGoogle関連ツールをプログラム制御したり、GithibやSlackなどの外部アプリケーションとの連携してプログラムを作成することもできます。

公式(英語)

Apps Script  |  Google Developers
Create add-ons for Google Sheets, Docs, Slides, or Forms, automate your workflow, integrate with external APIs, and more.

LINEに定時配信を行う方法

  1. LINE Notify にログインし、 アクセストークンを発行
  2. Google Apps Script でコードを書く
  3. 配信トリガーを設定する

1. LINE Notify にログインし、 アクセストークンを発行

まずは、 LINE Notify にログインし、 アクセストークンを発行 の発行を行います。

LINE Notify
LINE NotifyはGitHub,IFTTT,MackerelなどのWebサービスからの通知を、LINEで受信することが出来る便利なサービスです。

ログイン >> マイページ >> トークンを発行する

LINE Notifyマイページ画面

トークン名を記入し、配信先のグループを選択したら「発行する」ボタンをクリック

発行されたトークンをコピーする

2.Google Apps Script でコードを書く

マイドラブ >> 新規 >> その他 >> アプリを追加

「Google Apps Script 」を検索し「接続」をクリックします。

Google Apps Script を接続したら、再度、 新規 >> その他 で Google Apps Script を選択し、 Google Apps Script を開きます。

開いたら以下のコードを入力します。

function postContent() {
  var content = "\n\n記事を読む時間です(≧▽≦)";
  content += "\n\n https://www3.nhk.or.jp/news/easy/"
  sendPostContent(content);
}

function sendPostContent(content) {
  var token = ['XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'];
  var options = {
    "method": "post",
    "payload" : {"message": content },
    "headers": {"Authorization": "Bearer " + token}    
  };
  UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify", options);
}

2行目、3行目にラインで表示したい文字を入力します。

/nで改行することができます。またURLはHTMLタグ等を書く必要はなく、そのまま記載することができます。

7行目のtokenは上記で取得したトークンを記載します。

関数を選択で「postContent」を選択し、▶マークで実行します。

初回アクセス時は、アクセス承認のためのダイアログが表示されますので「許可を確認」を選択します。

次に、ブラウザで「このアプリは確認されていません」と表示されます。

その画面にある詳細リンクをクリックします。

安全ではないページ)に移動 リンクが表示されると思いますので、そのリンクをクリックしましょう。これはSSL認証に対するブラウザからの警告ですので、無視して進めて構いません。

SSLのエラーや警告まとめ|GMOグローバルサイン【公式】
SSL暗号化通信におけるエラーや原因、セキュリティ警告表示例をまとめたページです。

3.配信トリガーを設定する

タイマーのボタンをクリックし、別タブで開かれたぺージで右下の「トリガーを追加」をクリックします。

「時間ベースのトリガーのタイプ」「時間の間隔を選択」で配信するタイミングを設定し「保存」ボタンをクリックします。

一回目はテストとして短いタイミングで実行させて正しく配信されることを確認しても良いでしょう。

まとめ

毎回定期的に行うことや、リマインドメールを日ごろからよく使うツールの一つであるLINEで確認できる仕組みを作ることができました。また、今回はGoogle Apps ScriptでLINEを連携を行いましたが、 Google Apps Script ではほかにも連携できるサービスがあるので、他にどのようなことができるのか試してみたいです。GoogleにせよLINEにせよ、日ごろからよく使うツールですが、まだまだ使いこなせていない便利な機能がたくさんあるのだなと感じました。これらのツールをフル活用して、日常の生活が少しでも便利にしていきたいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました