【AWS 9月の注目のニュース】 AWS Perspective とは

AWS

2020年9月22日にAWSから発表された今週の注目のニュースにピックアップされていたAWS Perspectiveについて調べてみました。

概要

AWSクラウドのワークロードを監視することは、運用の健全性と効率を維持するための鍵となります。しかしながら、すべてのAWSリソース間の関連性をトラックすることは困難な場合があります。AWS Perspective は、AWSクラウドワークロードのアーキテクチャ図をAWSワークロードからのライブデータに基づいて素早く生成、カスタマイズ、ワークロードの詳細を共有することが出来ます。

AWS Perspective はサービスではなく CloudFormation テンプレートを利用して構築し活用するもです。

CloudFormation での具体的な操作方法はclassmethodさんの以下記事をご参考ください

AWS アーキテクチャー図 構成図を自動生成するソリューションを紹介します | Developers.IO
AWSアークテクチャー図 構成図を自動生成しませんか?簡単で役に立つソリューションを紹介します。
出典:https://aws.amazon.com/jp/solutions/implementations/aws-perspective/
AWS Perspective が作成したアーキテクチャ図のサンプル

費用

US East (N. Virginia) Region の場合、およそ $0.79/hr or $535.85/mth

AWS service Hourly cost
Amazon Neptune (db.r5.large) $0.384
Amazon Elasticsearch Service (m4.large.elasticsearch) $0.320
Amazon VPC $0.002
NAT gateway $0.090
AWS Config (Item cost = $0.003) N/A
Amazon ECS $0.001
Total $0.797

※デプロイするリージョンにより異なります

機能

  1. アーキテクチャ図の作成
  2. 検索
  3. リソースディレクトリで検索
  4. アーキテクチャ図の保存とエクスポート

アーキテクチャ図の作成

AWS Perspectiveはアカウントおよびリージョン全体のイベントリを維持し、それらの関係をマッピングした上でWEB UI上に表示することが可能。

検索

検索機能を使用すると、リソース名、タグ名、IP アドレスなどの基本情報を使用して、目的のリソースを見つけることが可能。

リソースディレクトリで探索

AWS Perspective が検出するすべてのリソースを含むリソースディレクトリを使用して、アカウントとリージョン全体でプロビジョニングされたリソースを探索する。ウェブ UI でリソースを選択すると、AWS Perspective のアーキテクチャ図の作成を開始できる。

アーキテクチャ図の保存とエクスポート

AWS Perspective のアーキテクチャ図を保存して後で再確認したり、AWS Perspective の他のユーザーと共有したりできる。また、PNG、JSON、CSV、または draw.io にエクスポートし外部で共有することが可能。

参考資料

「AWS Perspective Implementation Guide」 p6 (https://docs.aws.amazon.com/solutions/latest/aws-perspective/aws-perspective.pdf#welcome)

「AWS Perspective」(https://aws.amazon.com/jp/solutions/implementations/aws-perspective/)

「AWS アーキテクチャー図 構成図を自動生成するソリューションを紹介します」(https://dev.classmethod.jp/articles/gettingstart-aws-perspective/)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました